体重を増やしてバストアップする

バストは脂肪でほとんど出来ているので、脂肪が足りないと大きくなる事が出来ないです。
痩せていると身体全体として脂肪が足りなくなり、バストに周る脂肪がなくなります。

バストが大きくなるには脂肪の量だけではなく、乳腺がしっかりと発達する事が必要です。
乳腺がしっかりと発達していると、それを守る事により多くの脂肪が必要とされるので乳腺を発達させる事は大切です。

乳腺は女性ホルモンのエストロゲンに刺激される事で、発達していきます。

エストロゲンが卵巣で作られて、エストロゲンは皮下組織でも作られます。

脂肪量が増えると、エストロゲンの分泌量も増えていきバストアップ効果が期待出来ます。

太って脂肪を付ける事により、身体が冷えにくくなると血行促進により栄養素がバストに行き届くようになります。

脂肪が少ない人は、冷え性になりやすいです。冷え性であると、血流が悪くなってしまいます。

バストアップをするには、卵巣や皮下脂肪組織で作られたエストロゲンを始めとして胸を育てるための栄養素が届かなくなります。

血流が悪いと必要なものがバストに行かなくなるので、育たたなくなります。このため、脂肪を増やす必要があります。

しかし脂肪でバストアップが出来る人は、痩せ型の人だけになります。

脂肪の量が足りないので、太る事で脂肪を付けて大きくなるのです。

痩せ型の人は、体脂肪率が20%以下の人になります。
元々太っている人は、更に脂肪を付ける事は出来ても健康に良くないので行わない方が良いです。

バストアップにいい成分は?

プロゲステロンを分泌させて乳腺を形成、これで胸は大きくなる?

サプリを飲むならやっておきたい

バストアップサプリの効果を増大させる肩甲骨はがし

痩せ型の人がバストアップする方法

痩せ型の人がバストアップ出来ない原因は、先に述べたように体脂肪が足りない事です。

痩せ型の人は生まれ付き太りにく体質であるので、脂肪を吸収しにくい傾向にあります。

人一倍脂肪を付けるのが困難であるので、体脂肪率が10%を切ると女性ホルモンの分泌量が低下する傾向があります。

20から25%は女性ホルモンが活発に分泌されて、健康で美しいバストになれます。

ダイエット等を行ったりして、栄養が不足しているとバストに必要な栄養素が行き届かなくなります。

胸が大きくなるには、脂質やタンパク質が必要になります。

胸を発達させるためには、植物性のエストロゲン等バランス良く摂取する必要があります。

胸が大きくなるカロリーの目安は?

ある程度身体に脂肪を付けて、栄養バランスの摂れた食事になるように1日の摂取カロリーや食事内容を見直すようにします。

1日に必要なカロリーは、性別や年齢によっても異なるので個々の生活のライフスタイルに合わせて摂取するようにします。

生活習慣が乱れていると、バストアップの妨げにもなります。

血行不良であると、バストに必要な栄養素が届かなくなります。

女性ホルモンの分泌量も低下するので、乳腺が発達しなくなります。

プロゲステロンを分泌させて乳腺を形成、これで胸は大きくなる?

ストレスの多い生活が続くと自律神経が乱れて、視床下部からホルモン分泌の指令が卵巣に行かなくなります。

このため、普段の生活で適度にストレスが発散出来るようにします。
睡眠不足もホルモンの分泌量を減少させてしまうので、きちんと睡眠を取る事が大切です。

女性ホルモン、バストに栄養をもたらす食べ物は?

【洗濯板胸がBカップに成長】女性ホルモンを高める食べ物を食べた

痩せ型、疲れが溜まってる人にもオススメ

胸のツボにピップエレキバンを貼ると磁気の力でバストアップできる?