即効性で持続性のあるバストアップ方法には、エクササイズがあります。

欠かせないのが乳腺の下にある筋肉である大胸筋を鍛える事で、分厚くなりバストを下から持ち上げる事が出来ます。

大胸筋周りのマッサージで老廃物を排出してバストアップする

大胸筋を鍛える方法として、合掌のポーズがあります。
ひじは肩のラインまで上げて直角に曲がるようにします。

腕に力を入れがちになるが、胸の筋肉に力が入っている事を確認して腕には力が入らないようにします。

腕に力がはいっていしまうと、二の腕に筋肉が付いてしまいます。
更に合掌のポーズをとるだけではなく両手のひらを左右に平行に移動させたり捩じったりする動作を行うと更に大胸筋が刺激されます。

大胸筋を鍛える事で、胸が垂れ下がるのが防止されます。

小胸筋も鍛えるようにする事で、肋骨上部から中部で下部にかけて付いている筋肉の事です。
小胸筋はバストが垂れ下がるのを防止するだけではなく、バスト周辺の脂肪が背中に流れないようにしてくれます。

デスクワークを多く行っている人は、小胸筋は腕を前に出す動作で使われるので毎日の生活で使う回数が多いので疲れやすいです。

小胸筋のコリをほぐしながら、トレーニングを行う必要があります。

小胸筋の鍛え方は、大胸筋と腕の付け根周辺の固く凝っている部分を探して、右手で左の凝っている小胸筋を押さえて肩を回します。

これだけでも、小胸筋を簡単にストレッチする事が出来ます。
大胸筋しか鍛えていない人が多いので、小胸筋を鍛えるのを忘れないようにします。

胸のツボにピップエレキバンを貼ると磁気の力でバストアップできる?

ブラジャーの力で胸を大きく!

乳垂れ崩れをしない「バストケア」おすすめブラジャーの付け方選び方

ガリガリの人が体脂肪率を上げバストアップするには?

ガリガリの人がバストアップをするには、体脂肪率を上げる事です。

痩せ型の人が体重を増やし胸を大きくする方法

バストは乳腺の周りに脂肪が付く事で、大きくなっていきます。

体脂肪が少ないと、バストアップがしにくいのです。
体脂肪が少ないと、バストアップが出来ないのです。

食事の量が多く出来ない痩せ型の女性は、バストアップをするために必要な栄養素が足りない事があります。
バストアップに必要な、女性ホルモンも分泌されなくなります。

日常生活の食事を見直して、バストアップに足りない栄養素を意識的に摂るようにします。
量は食べていても、低カロリーな野菜ばかりになっているとカロリー不足になっている可能性があります。

必要なタンパク質や脂質を積極的に取り、ビタミンやミネラルも補給します。お腹を冷やさないようにする事も大切で、お腹が冷えると女性ホルモンを分泌する機能が低下してしまいます。

このため、適度な運動やストレッチを行い血液の循環が良くなるようにします。

これで冷えから守れるようになり、機能が働くようになります。

ストレスがあると自律神経が乱れるので、ホルモンバランスも乱れる原因に繋がります。

ストレスを上手く発散して、普段から溜め込まないように気を付けます。過度なお酒や喫煙を控えるようにする事で、ホルモンの分泌を阻害する可能性があります。

適度であれば問題がないが、過度には影響が出やすいので量を見直します。
バストアップが出来る筋トレを行ったりサプリメントを飲んだりと、他にも効果のある方法はあります。

バストアップサプリに必要な成分は?

プロゲステロンを分泌させて乳腺を形成、これで胸は大きくなる?

バストアップサプリの効果を増大させる肩甲骨はがし