バストは9割が脂肪で出来ているが、太ってもバストが大きくなる事はないです。

バストの脂肪量を決めているのは、乳腺です。乳腺と脂肪は1対9の割合になっていて、乳腺を増やす事でバストの脂肪も増殖していきます。

乳腺は女性ホルモンの分泌によって発達をしていき、女性ホルモンの中にあるエストロゲンとプロゲストロンで、分泌を促す事で乳腺に刺激を与えます。

女性ホルモンの分泌を促すには、運動と食事が大切です。

良質なタンパク質を摂取して、ホルモンの分泌を促します。

女性ホルモンに似た働きをするものに、大豆イソフラボンがあります。

ディアナチュラ大豆イソフラボンレッドクローバーでバストアップする

ホルモンには睡眠も重要で、夜の10時から深夜の2時の間に睡眠をしっかりと取ると成長ホルモンが分泌されます。

バストの大きさは遺伝で決まるものもあるが、遺伝以外には乳腺の量や太さや大胸筋や胸筋の骨格等の様々な要素で決まります。

実際に乳腺が発達するのは、生活習慣で決まります。

女性ホルモンはストレス等の外的な影響を受けやすいので、直ぐにバランスを崩しやすいです。

バストに悩みを抱えている人は、生活習慣を改善するようにします。

【胸崩れ乳垂れさせる原因】バストアップにNGな生活習慣を見直す

バストマッサージを行ったり、食生活を見直したりサプリメントを摂取したりすると美しいバストが手に入れられます。

血行が良くなる事により新陳代謝も盛んになるので、バストに栄養が行き届きやすくなります。

バストアップサプリの効果を増大させる肩甲骨はがし

遺伝や年齢等で諦める必要がなくなり、美しいバストを目指す事が出来るようになります。