肩甲骨はがしでバストアップをする

肩甲骨はがしを行うと、バストアップに繋がります。

肩甲骨はがしを行うと、周辺の筋肉がほぐれるので肩こりや頭痛や血行不良やむくみの改善が出来るようになります。血行が良くなると、バストにしっかりと栄養素が届くようになります。

これがバストアップに繋がり、背筋も伸びるので大胸筋の動きも大きくなり胸の位置も下がりにくくなります。

胸を大きくする肩甲骨はがしのやり方

イラストで日本一豊富なバストアップヨガやエクササイズの方法が載ってます

簡単に小さい胸を大きくするバストアップの方法【解説写真・動画】

やり方は肩甲骨を縮めて、立った状態で手を後ろに回して左右の手を組みます。

そのまま上に持ち上げて、限界まで持ち上げたらそのまま10から20秒キープをします。

椅子に座って右手で左膝を左手で右膝を掴み、この状態で両膝を外側に開いていきます。

これも10から20秒キープをして、それぞれ3セットを行います。

行うのは入浴後から寝る前で、入浴後は身体が温まっていて筋肉が柔らかくなっているので伸ばしやすくなっているためです。

効果が持続しやすくなっているので、副交感神経も刺激されて快適な快眠も取れるようになります。

合間には腕を回したり肩の上げ下げを行うようにして、寝る前には肩甲骨はがしを行うと効果的です。

バストアップサプリを飲んでいる人は、肩甲骨はがしで血行が良くなると効きやすくなります。

必要な所にしっかりと行き届くようになるので、サプリの成分の効果が発揮されなやすくなります。

このためバストアップを目指す人は、肩甲骨はがしを行うだけではなくバストアップサプリも飲むとダブル効果が期待出来ます。


バストアップサプリどれがいいかわからないという人にはこちら

【口コミで人気】市販バストアップサプリランキング【効果なし?】

バストアップサプリに必要な成分は?

プロゲステロンを分泌させて乳腺を形成、これで胸は大きくなる?